国際観光戦略研究所

観光立国

観光立国

我が国の社会のグローバル化が進む中で、経済が急発展している中国はじめ、アジアの活力を積極的に取り入れていくといった観点からも、「観光立国」の実現は、不可欠な重要課題である。

◆ 明日の日本を支える観光ビジョン-世界が訪れたくなる日本へ-

2016年3月30日「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」(議長:内閣総理大臣)は新たな観光ビジョン「明日の日本を支える観光ビジョン-世界が訪れたくなる日本へ-」 を策定した。観光を日本の成長戦略と地方創生の大きな柱ととらえ、「観光先進国」の実現に向けた新たな目標として、年間訪日外国人旅行者数を2020年に4000万人、30年に6000万人、訪日外国人旅行消費額を20年に8兆円、30年に15兆円とすることを掲げた。

3つの視点と10の改革を基本に「世界が訪れたくなる日本」を目指していく。

明日の日本を支える観光ビジョン-世界が訪れたくなる日本へ-

視点 1.観光資源の魅力を極め、「地方創生」の礎に
① 公的施設  「魅力ある公的施設」を、ひろく国民、そして世界に開放
② 文化財    「文化財」を、「保存優先」から観光客目線での「理解促進」、そして「活用」へ
③ 国立公園  「国立公園」を、世界水準の「ナショナルパーク」へ
④ 景観     おもな観光地で「景観計画」をつくり、美しい街並みへ

視点 2.観光産業を革新し、国際競争力を高め、我が国の基幹産業に
⑤ 観光産業   古い規制を見直し、生産性を大切にする観光産業へ
⑥ 市場開拓   あたらしい市場を開拓し、長期滞在と消費拡大を同時に実現
⑦ 観光地経営 疲弊した温泉街や地方都市を、未来発想の経営で再生・活性化

視点 3.すべての旅行者が、ストレスなく快適に観光を満喫できる環境に
⑧ 滞在環境  ソフトインフラを飛躍的に改善し、世界一快適な滞在を実現
⑨ 地方交流  「地方創生回廊」を完備し、全国どこへでも快適な旅行を実現
⑩ 休暇     「働きかた」と「休みかた」を改革し、躍動感あふれる社会を実現

◆ 観光ビジョン実現プログラム2017

政府は2017年5月30日に開催された第7回観光立国推進閣僚会議で「観光ビジョン実現プログラム2017―世界が訪れたくなる日本を目指して―」を策定し、発表した。

政府は本プログラムを基に目標である「2020年訪日外国人旅行者数4000万人」「訪日外国人旅行消費額8兆円」などの達成に向けた取り組みを強化する。

観光庁 観光ビジョン実現プログラム2017

◆ 観光白書

観光庁は2017年5月30日、『観光白書』を発表し、「平成28年度観光の状況」及び「平成29年度観光施策」を報告した。

平成29年度 観光白書

◆ 訪日外国人旅行者数

2016年 2403万9000人

2016年の訪日外国人旅行者数は前年比21.8%増の2403万9000人となり、過去最高を記録した。

国・地域別では中国がトップで637万人、続いて韓国が509万人、台湾が416万となり、アジアからの訪日客が全体の8割以上を占める結果となった。

一方、米欧豪からの訪日客も堅調で、 前年比17.7%増の 295 万 6000人となった。

2016訪日外国人数

◆ 旅行・観光競争力ランキング

過去最高 世界 4位

世界経済フォーラムが2年ごとに140の国と地域を対象に政策、環境、交通インフラ等14項目、70以上の指標で調査し発表している「旅行・観光競争力ランキング」で、日本は2017年、世界で4位となり、前回2015年の9位から順位を上げ、2007年の調査開始以来、過去最高となった。
「客の待遇」の項目で首位となり、「おもてなし」の心が高く評価された。

旅行・観光競争力ランキング 2017

1位  スペイン
2位  フランス
3位  ドイツ
4位  日本 up!!
5位  英国
6位  米国
7位  オーストラリア
8位  イタリア
9位  カナダ
10位 スイス

◆ 観光産業における経済波及効果

旅行消費額  2015年 25.5兆円
雇用誘発効果 231万人(波及効果を含めた雇用誘発効果:440万人)

出典:観光庁 2015年における旅行消費による経済効果

観光庁_旅行消費による経済波及効果

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional